プエラリアミリフィカ 過剰摂取

プエラリアミリフィカを過剰摂取した場合はの影響は?

 

プエラリアミリフィカを過剰摂取した場合の影響は?

 

プエラリアミリフィカは主にバストアップサプリに配合されている成分ですが、過剰摂取すると危険だという意見を聞いたことがあるかもしれません。

 

  • 生理周期がずれる
  • 生理痛がひどくなる
  • 頭痛がひどくなる
  • 下痢をする

 

プエラリアミリフィカを過剰摂取した場合に発生する可能性がある症状です。これらが発生する原因は、すべて女性ホルモンバランスが崩れることが原因となっています。

 

プエラリアミリフィカを過剰摂取すると女性ホルモンバランスが崩れる理由

プエラリアミリフィカを摂取するとイソフラボンという植物性エストロゲンが摂取できます。イソフラボンは大豆に含まれていることからも、効きなじみの深い言葉ではないでしょうか。

 

イソフラボンは植物性エストロゲンが豊富なため、美容などにも効果があるといわれて、一時期大変流行しましたね。

 

しかし、エストロゲンもいくらでも増えればよいというわけではありません。女性の体は、周期によりホルモンバランスを保っており、エストロゲンが増えすぎることで、そのバランスが崩れかねなないのです。

 

  • 卵胞期(生理後7日間):エストロゲンの分泌が多い時期
  • 黄体期(生理前14日間):エストロゲンは少なくプロゲステロンが多い時期
  • 生理中(生理:7日間):エストロゲンもプロゲステロンも少ない時期

 

そのため、本来はエストロゲンの分泌量が少ない時期なのにもかかわらず、エストロゲンが多すぎると、体が思わぬ反応を示し、生理痛がひどくなったり生理の周期がずれてしまったりという影響が出る可能性があるんですね。

 

過剰摂取ってどれくらい?

では、プエラリアミリフィカの過剰摂取はどれくらいなのか、というのが気になるかもしれませんね。

 

実は明確に、これ以上が過剰摂取という決まりはありません。ただ、目安はあります。

 

1日400r

 

暗黙の了解になっている部分ですが、日本のサプリではプエラリアミリフィカの配合量400rまでに抑えるようになっています。

 

女性ホルモンの分泌は個人差があるものなので、一概に決められるものではありませんが、目安としては400rとなります。サプリの使用量を守れば、超えることはないため、サプリの摂取量は、必ず守るようにしましょう。

 

また、もし万が一副作用らしき症状が出るようでしたら、摂取量を抑えるようにしましょうね。服用条件を守れば、プエラリアミリフィカには、良い効果が期待できるので、ルールを守って続けましょう。

 

⇒プエラリアミリフィカの4つの効果詳細